「南鑼鼓巷」と「煙袋斜街」

自分の旅行やレジャーの体験記をしたためているサイト「おでかけノート」。
北京に家族旅行をしてから1年以上経ち、今さらながら二つのページをアップした。

南鑼鼓巷」と「煙袋斜街」。いずれも北京の昔ながらの街並みが残り、今は土産物屋外として観光客の人気スポットになっているところです。中国らしいローカルな雰囲気が味わえておすすめのスポットです。

煙袋斜街

行ったときは暑く、しんどかった思いがあるのですが、今年の日本の暑さに比べれば全然まし。今から写真を見ながら思い返すと「楽しかったなぁ」という思い出だけがよみがえります。

基本的に人間ってつらかったことは忘れていい思い出に美化されていくんですよね。イタリアに行った時なんて毎日歩きすぎてホテルでヘタっていたのに、今はいろんなところに行けて本当に良かったなって思っています。

また旅行に行けるように頑張らねば・・・。