法務局からの通知

三重県のある地方法務局から突然通知が届いた。

宛名を見ると、なんじゃこりゃ!またややこしいものが届いた。。。
その宛名とは、「●●◯◯郎様相続人■■□□子様相続人▲▲△△子様」。
妻の母方の祖父(●●◯◯郎)の相続人(妻の母:■■□□子)の相続人である妻(▲▲△△子)に届いたものです。そこまで追いかけて法務局が送ってくるものって一体なに?!

嫌な予感と変な期待がないまぜになりながら封を切ると、現在法務局である地域の「登記所備付地図」というものを作成していて、もともとの地図(公図)は明治時代に作成された精度の低いもので現状と一致しないことがあるので、現代の高度な技術を用いて精密な測量を行って精度の高い地図を作成する。ついては土地名義人の相続者としてその測量に当日に立ち会ってほしいというもの。

はぁ?何それ?
とりあえず、書かれている住所地をグーグルストリートビューで見てみる。
妻に聞くと、そこは母の生家で、いまは従兄弟が敷地内に家を建てて住んでいると思うとのこと。ストリートビューでは敷地には古家が3棟建っているのがわかるものの、どれも住んでなさそう。住んでいればこの連絡は来ないのかもしれませんが。。。

って、相続登記されてないの?!
我が家は、昨年妻の父方の祖父名義の不動産を1年以上かけて処分したばかり。その顛末は私のWebページの相続ノートに書きつつあるところですが、相続登記もさることながら家財の処分に辟易とした記憶が冷めやらない中、今度は母方です。
モチベーションは激低!しかも今度は相続権ある人が多くて大変。相続登記の経験者としては、考えただけでげんなりです。

妻の兄のもとにも同じ通知が届いたので、法務局は戸籍から全相続者にこの通知を送ったものと思われます。うちだけじゃなく、地域一帯なので法務局もかなりのパワーをつぎ込んでいます。この事業は2年半かけて行うようです。発生ベースではなく、こういうメンテナンスも行っているんですね。

さて、そもそも名義人の祖父(●●◯◯郎)には子が7人いて、存命なのは1 人だけ。相続人のほとんどは孫の世代に移っていて10人以上います。中には連絡先がわからない人もいます。
どうするのこれ?立ち会いに行かなかったらどうなるの?
とりあえずネットで調べるか。